プリウスに履かれてるホイールです

ホイールコーティングを依頼していただきました。

27082405

一般道での運転中のパッド、ローターの温度は車両によって異なりますが、一般的には50℃~100℃ぐらいで安定しています。

これが高速道路になれば温度はさらに上昇し100℃~150℃にもなります。

これがブレーキング時になると摩擦熱は500℃~700℃と非常に高温になり、その温度で飛散したダストがホイールに融着してしまいます。

また、雨天時には温度の上昇は抑えられますが、水分でホイールに表面張力が発生時、飛散したダストに含まれる成分が酸化して固着してしまうこともあります。

さらに、そこに路面などからの砂、泥汚れやピッチ、タールなどの油汚れが付着して汚れが蓄積していきます。

このようにホイールは過酷な条件下にあります

ボディ同様綺麗な状態を保ってほしいものですね

大阪府河内長野市 T様